インサイトターゲティング

消費者の購買心理を把握せずに、マーケティングを行った際によくある失敗例

失敗例:漠然としたターゲットに対して、売り手側の発想で伝えるメッセージ・サービスを決めてしまう

消費者のライフスタイルやニーズが多様化している昨今の市場において、上図のように、「売り手発想のメッセージ」と「消費者のニーズ」が不一致を起こしているケースが増加しています。
ターゲットの購買心理にマッチしないメッセージを訴求しても、広告の費用対効果は下がり、集客/販売のコストはどんどん上がってしまいます。

ターゲットの心の声を形にする

ターゲットの心の声を形にするインサイトターゲティングとは?

御社では、自社の狙うべきターゲットが明確になっていますでしょうか?
ターゲットが本当に求めているものを理解できているでしょうか?インサイトターゲティングは、ユーザーの深層心理を洗い出し、ターゲットのインサイトを明確にするサービスです。

インサイトとは・・・
人が思わずものを買ってしまったり、行動してしまったりする心のホットボタンをインサイトと呼びます。
ターゲットのインサイト(心のホットボタン)を明確にします

インサイトターゲティングでは、ターゲットの深層心理をユーザの目線から洗い出し、明確な仮想ユーザー(ペルソナ)を創り出すとともに、ターゲットが真に欲している欲望(インサイト)と、御社の強み(USP)を結びつけていきます。

ターゲットの深層心理と、御社の強み(USP)を結びつけた上で、集客設計に落とし込みます

さらにそこから仮想ユーザーモデル=ペルソナを用いて、曖昧なターゲットを具体的な仮想ユーザーに落とし込みます。

ペルソナとは・・・
架空の顧客像。詳細に設定した顧客のプロフィールを担当者間で共有し、人物像への理解を深めることでマーケティング方針を統一する手法。

インサイトターゲティングをご利用頂いたお客様の声

株式会社インフォジャム 代表取締役 郡司 賢 様 「自社の強みやターゲットを社内で共有するきっかけとしても非常に助かりました」
インサイトターゲティングを受けてみて一番良かったことは、「ターゲットが整理された」ということです。今まで漠然としていたターゲットが「申込みしている人はある程度システムに知識のある人」と具体的に定義できたことで、Webサイトに使うキャッチコピーや広告先の選定に役立ちました。

またインサイトターゲティングを通して「インフォジャムがお客様に選ばれている理由」が整理されたことも大きな価値でした。こういった自社の強みやターゲットは、なかなか社内で共有する時間がなかったので、インサイトターゲティングはその一つのきっかけとして非常に助かりました。

ギャプライズ担当者の方は、事前に弊社のサービスを深く理解した上で、するどいターゲット分析をしてくれたので非常に感謝しています。ありがとうございました。

インサイトターゲティングを行う際には1つ注意点がございます。

インサイトターゲティングでは、ユーザーの深層心理を洗い出すために、必ず、普段お客様と接している現場ご担当者様(2名以上)の参加を必須としております。

上記にご同意いただけない場合、ご相談頂いてもお断りさせて頂きますので予めご了承ください。

  • お客様成功事例はこちら
  • すごい実績はこちら
お問合せ
サービス一覧

ギャプライズランディングページはこちら

ギャプライズ研究所のご紹介
  • 実践と検証によるノウハウ蓄積/LPO研究所
ギャプライズブログ
お客様成功事例
すごい実績

すごい実績詳細はこちら